模様替えしました。

imageimage
そろそろ、日本画の生徒さんも増えてきたのでテーブルを増やしたいものだと考えておりました。
絵皿を並べ、絵も平置きにして描く日本画はどうしてもスペースが必要。
しかし、テーブルを増やしてしまうと、秋の院展作品などの大きな作品を描くような時に邪魔となる。
今あるテーブルと段差なく繋げることが出来る高さ、幅であり、使わない時は簡単に仕舞えるような…そんなテーブルが欲しいのだ。しかも安く(u_u)
相談したのは、いつもお世話になっている、あ〜すくらふつの奥島さん。
無理な注文に簡単に答えを出してくださる。
厚み10センチも無い脚を壁に設置。
もう片方の脚は、いまあるテーブルに添わせる。ただそれのみ。
そこにトドマツの天板を載せる形で美しいテーブルに早変わり。

image
そして、庭を愛でられるように縁台も設置。こちらは設計と材料を準備していただき、我らも制作のお手伝い、したんだかしてないんだか、ただ足を引っ張ったんだか…(u_u)

少しずつ、少しずつ、形が出来てきました。

あ〜すくらふつ

http://earthcrafts.blog115.fc2.com

ここに貼っても移動しないので、コメントに貼っておきます。

5 Responses to 模様替えしました。

  1. アカメ より:

    絵画でも描きたくなりますね。

  2. 齋藤 誠(さいとう・まことp) より:

    今日(10日)、大丸ギャラリーで作家にお目にかかりました(私は、坊主頭のじいさんですが、作家さんご本人と会場でお話させていただきました。ありがとうございます!)。

    個展は、とても癒される空間です。
    何より『奥行きが深い世界』だと感じました。

     たとえば、初夏?の森林を照らす「光」を、林間から見上げる構図。「光」が遠くから降り注ぐのです。
    こうした『遠近感』を、精密に描く『日本画』は、(私は)初めて見たように思います。

    「油彩」でいえば、とっても『薄塗り』の画法なのです。しかし、限られた空間に『季節の風 』を感じるのは、作家が発信する北海道へのメッセージだと思います。

    すばらしいアーティストが、札幌に暮らしていることは、幸せなことだと思います。
                                            ご賛同ください。

    • M.Sekimoto より:

      返信遅くなり、大変失礼いたしました。
      所用に追われ、しばらく自分のホームページを放置してしまいました。申し訳ありません。
      これから、また開始します。
      気づけば今年ももう半分過ぎてしまいました。でも、一歩一歩進んではいるのではないかと思います。
      また個展会場などでお目にかかれれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>