東北取材(七)気仙沼は意外に山深い。

えっぺの好きな場所
気仙沼と言えば、漁港、港町、そんなイメージの方が強かったのですが、今回の旅行でわかったことは気仙沼は山深いと言うことです。以前も友人の高校の同級生のお宅にお邪魔をしたので山深い地域もあることはわかっていたのですが、そこが特別なのではなく山深い地域がいくつもあり、そしてその地域から他の山深い地域には滅多に行くこともなく、お互いをお互いであちらは山奥だ、とおもっているらしいと言うことです。
というのは、八瀬という地区に上鹿折に住む方とそばを食べに行ったところお互いに、あそこまではなかなかねぇ、と言い合っていろことから推測。

毎回、お邪魔する上鹿折地区。
ここではかつての大船渡線が走る風景を見ることは出来ません。いまだ、なのか、もう、なのか、いつまで、なのか。
大船渡線
草に覆われる線路。
草に覆われる線路
また、いろんな季節で行きたい、そう思う上鹿折の山でした。

今回始めて行った、八瀬の川もとても風情があり次回の気仙沼取材では要チェックポイントだと思いました。
そして八瀬のおそば、美味しかったです。蕎麦好きの方はぜひ!一度足をのばしてみてください。
八瀬そば 0226−55−2410(水曜定休)11:00〜14:00
食べたいときはまず電話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>