東北取材(八)行って、見て、食べて来てください!

地元の味夜の彩味亭
気仙沼滞在中、仮設の屋台村で営業している鮮味定食さんで何度もおいしいご飯をいただきました。ごちそうさまでした!ここで食べたホヤ、とってもとっても美味しかったです!あれは確かにフルーツと言っていい!

今回の取材旅行は、三陸海岸の今を見ておきたい、そう思い海岸線を北上。気仙沼よりさらに北も行きたかったのですが日程的にここで終わりました。
いま、海岸線では土地を嵩上げしたり、防波堤や避難のための道路などを作るためのダンプカーが土埃をあげて走り回っています。この先、三陸の風景は大きく変わることでしょう。もとに戻すことのみが復興ではないでしょう。何をどう進めるのか、しっかりと今この現場に立ち会うことの出来る人間が見て知って考えて、一緒に進まないいけないと思いました。でも、実際何が出来るのか?、、、わかりません。
わからないから知らないふりをするのではなく、
見るだけでもいい、足を伸ばして来てほしい、そう思っているのではないでしょうか。
町の公園の中や、もとは観光のために作られただろう見晴らしの良い高台の一角にある仮設住宅。そこから職場や学校に通う日常。なかなか完成しない復興住宅。

川の駅 よこた
最後に、この旅行の締めくくりに、友人と気仙沼在住の母上をつれて花巻温泉。親孝行に参加させていただく。行く途中の内陸の道の駅ならぬ川の駅。本当に山深いわぁ。あ、この辺りはもう岩手県ですね。皆で行く温泉は楽しかったです。

また行きたい、いつ行こうか?
海岸沿いを北上するあいだずっと山は薄紫でした。藤の花が、春の終わりを彩っておりました。
三陸の藤の花

One Response to 東北取材(八)行って、見て、食べて来てください!

  1. アカメ より:

    何事も現地に行って話を聞いて観て感じないと本質を理解できませんね。充実した取材から、どんな作品が描かれるか楽しみに待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>